ツナサラダロールではしゃぐ

セブンイレブンのツナサラダロールをご存知だろうか。

https://www.sej.co.jp/i/item/17020005011400.html?category=334&page=1

僕は、ある日出会った。

セブンイレブンのご飯ものが好きでセブンイレブンに良く行くんだけど
そのある日まで、出会えなかった。

あれは、2ヶ月ほど前のことであったろうか。
その日の僕は、1人夕方から新宿へ行った。
ギターの弦を買ったり、ディスクユニオンへ行ったり、ルノアールでコーヒーを片手に本を読んだりしていた。

そんな時、学生時代の友達からライン が来た。
今夜、新宿あたりで飲める?と。

僕は「飲めるよ。ビールではしゃぎましょう」と返事をした。

20時過ぎ、無事新宿南口で無事合流。

友達は、結婚式の帰りでスーツだった。
結婚式の2次会が終わり、飲み足りない感じであった。

とりあえず、どっか店入ろう。
僕らは、謎の焼き鳥屋へ入った。

そして、結婚式の話や、最近聴いてる音楽、良かった映画の話、仕事の話など。
ビール片手に、たくさん話した。

いい感じに、はしゃげたので結構酔っていた。
友達の終電があるので解散。

ラーメンを食べて帰ろうという話になったが、ラーメンを食べると友達が終電に間に合わないため、断念。

そして、友達と駅で別れた。

帰り道、ベロベロまでとはいかないが結構酔ってるなと自分でわかった。

1人でシメのラーメンを食べて帰っても良いが、
パスタを買って家で食べても良いかなと思って
その日はセブンイレブンに寄った。

パスタコーナーに向かった僕の目に入ったのは
パスタではなかった。

ツナサラダロールであった。

なぜか、1つだけあって、その優しい形、色に惚れて、思わず手にとっていた。

パスタ食べようと思ったけど、そこまで腹減ってないし、明日の朝、胃もたれしそうだし、ツナサラダロールにしよう。

そう思った。

そして、セブンイレブンを出て、
家までの道のりで歩きながらツナサラダロールを一口食べた。

食べた瞬間、足が止まってしまった。

「なんだ?これ?」
「これは、危ない」

腰が抜けた。

とんでもない美味さだ。

酔っている僕にツナサラダロールが優しく寄り添ってくれる。

口の中に広がる旨味。

僕は、思わず空を見上げた。

見上げた空は、少し曇っていたが雲の隙間から見える星が綺麗だった。

明日も頑張ろう。そう、僕にはツナサラダロールがある。

最近、毎日食べてます。

まだの方、おすすめです。そして、ライブもちょいちょい決まってます。

詳細決まり次第、お知らせします。

では、よい1日を。

平成から令和へ

まず、先日voidのライブに来て頂いた方、CDを買ってくれた方、出演者のみなさん、企画者のみなさん。
本当に本当にありがとうございました。

常に満員で、最高なパーティイベントでした。

また、周年パーティーに呼んでもらえるように精進します。

さて、GW真っ只中。
どのようなGWをお過ごしでしょうか。

僕は、平成も最後の日というのに
昼は松屋のカレーをキメ
おやつに、おなじみの
じゃがりこのサラダ味を食べて
「ヤバッ!!美味い!!」
と、ひとりでブチ上がってました。

あとは、アベンジャーズ/エンドゲームが公開されたので
復習のためにキャプテン・アメリカから観直したりしてました。

諦めない気持ち。マジで大切。

そんな変わらない1日。

そんな1日が1番大切。

そうそう
昨日はレコーディングメンバーと初スタジオでした。

顔合わせ含め
朝10時から2時間。

すごくすごくいい感じに出来て最高でした。
今、自分が一緒にやりたい理想の方々とスタジオで
自分の曲を演奏してもらうというのは贅沢だなと。

引き続き、よろしくお願いします。

ブログを書いているうちに、令和になりました。

平成は色んなことがあったなー。

平成の思い出に浸りながら、カセットを取り替える。

ふとラジカセの横にあるじゃがりこサラダ味と目が合う。

そのじゃがりこサラダ味が僕を困らせる。

食べたい気持ちと、太るから辞めとけという気持ち。

葛藤した結果。

僕はまっすぐにじゃがりこを冷蔵庫の横の棚にしまった。

令和もよろしくお願いします。

ライブオファーもツイッター、インスタDM等から気軽にご連絡ください。

まっすぐに本を読む

最近、本を読む習慣が出来つつある。

あまり、本を読んで来なかった僕にとって
これは大きな変化である。

人は変化をすることをおそれる傾向にある。
という言葉を何かの本で読んだ。

確かにその通りであると思う。

今夜は、帰りに一人ガストへ行ってドリンクバーを頼み
あたたかいコーヒーを飲みながら
本を広げまっすぐに活字を追っていた。

2、30分ほど経った頃だろうか
隣の席の50代くらいのおじさんの
「ぷへー」「ふがふが」みたいな独り言が気になってきた。

手にはビール。

これは、危ないと思った。

僕は、心の中で、気にするなと自分に言い聞かせて
さらに活字を追おうとした。

しかし「ぷへー」「ふがふが」が
さっきよりも大きな声になって来て
僕は、本を読むのを諦めた。

すぐさま店員が来て
おじさんに「周りのお客様もいらっしゃいますので」と
注意をしていた。

おじさんは「あっ、しゅいません」と店員に言った。

その瞬間、僕は急ぎ足でガストを出た。

ビューっと吹く風が、あたたかい。

もう春だもんなぁ。

家までの帰り道にある桜の木を見上げると
だいぶ桜は散っていってる。

昨日まで満開だったのに。

そっか。
みんな変化しているんだ。

そんなことを考えながら、遠回りして家に帰った。

途中、地面に落ちている桜の花びらが
僕のことを優しく受け入れてくれた気がした。

 

さてさて、今月はライブがあります。
新年度、一発目のライブです。
4月のライブはこちらのみです。
ぜひぜひ、遊び来てください。
新曲も歌う予定です。
まっすぐによろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「VOID 一周年記念パーティー開催」

2019月4/20(土)  19:00〜
会場:阿佐ヶ谷VOID
入場料 1,000円 (1drink付)

DJ_
大塚智之 & 藤村頼正 (シャムキャッツ)
白根ゆたんぽ
大橋裕之
渡辺明日香

LIVE_
FAST FOOD FOUNDATION
たかぽう

FOOD_
山形料理と地酒 まら

※予約不要です。直接、会場までお越しください。VOID  (中央線・阿佐ヶ谷駅の北口から徒歩5分)

〒166-0001 東京都杉並区阿佐ヶ谷北1-28-8 芙蓉コーポ102
#102 1-28-8 Asagaya Suginami-ku Tokyo,166-0001 Japan

 

“まっすぐに本を読む” の続きを読む

深夜のじゃがりこ

じゃがりこが好きで良く食べるんだけど

遅い時間に食べたくなる。

一緒にコーラもあればかなり、ラッキー。

今日、散歩してたら、花見をやってる人がいて
今年もまた、この季節がきたのかと思った。

最高だなー。

僕は、あと、何回、桜をみることが出来るのだろう。

ブルーシートを広げ、4人のおじさんが
ワンカップ片手にベロベロに出来あがっていた。

その横で数匹のハトが餌を欲しそうに近寄っていった。

一人のおじさんが気付いて、ピーナッツを「おら!」と言いながら
投げていた。

当たり前に見える、その光景が、桜の木の下だと少し違って見える。

こういう当たり前って大切。

4人のおじさんが謎の歌を歌い始めて、盛り上がってる。

僕は、その光景をみながら、少し離れたベンチに腰掛けて
まっすぐに歌詞を考えていた。
僕の手には、iPhoneとおーいお茶のペットボトル。

気付くと、4人のおじさんがブルーシートを畳んで、帰るとこだった。

一人のおじさんが、寒くなってきたから
魚民へ行こうとはしゃいでいた。

最高だ。

嫌なことや、辛いことがあっても、こういう瞬間があるから
何とかやっていける。

みんな同じ。そんな気がしてる。

僕は飲み干したおーいお茶のペットボトルを
キチンと家まで持ち帰った。

月曜はベットの中、火曜日に目覚め

朝。混雑した電車に飛び乗った。

「月曜日って雨が多くない?」

大きな野球バックを持つ
男子高生が話す会話にハッとした。

確かに、多いかも。
今朝も、しっかり雨が降っていた。

混雑している車内では
傘が、足に当たってるだの
当たってないなど、喧嘩が起こっていた。

朝から、テンション下がる。

世の中は、もっと、ハッピーなことが起きた方が良い。

周りの人々はシラけた目で、その喧嘩をしている2人をみる。

もっと、ラッキーでポップなことが起きた方が良い。

では、どんなことが起きたらラッキーなのか?

まっすぐに考えてみた。

例えば
発車ベルと共に、車内のミラーボールが光輝き
爆音でLMFAOのParty Rock Anthemが流れて
周りのみんなが踊り始めたらどうだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=KQ6zr6kCPj8

んー。ラッキーというより

これは、危ない。

では、電車を降りた時、目の前で
EXILEのChoo Choo TRAINのダンスをしている人々が居たら
どうだろう。

これも、ラッキーというより
危ない匂いがする。

そんなくだらないことを
まっすぐに考えていたら、
目的地の駅に着いた。

そういえば、喧嘩していた2人の姿はない。

改札を出ると、雨は止んでいて、
雲の切れ間から光が顔を出していた。

僕は、今日も頑張ろうと自動販売機で温かい缶コーヒーを買って
一気に飲み干した。

ルノアールでおいしい話

3月1日、映画が安い日。

夜、せっかくだからと映画観に行こうと一人新宿へ。

TOHOシネマズか、バルト9でボヘミアン観たいなと。

電車に乗りながら携帯で空席状況を調べると、良い時間は、全て満席だった。
映画が安い日だし、金曜だし、仕方ないか、、と諦めかけたけど
新宿まで来たら、何かしら観たい。

んーと。アクアマンは?

満席。

まじか。

どうしようかと悩んでいると
劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>の文字が。

これだ!!
観たかったやつ。と一人ブチ上がった。
しかも、新宿で観るため、テンション上がる。

大事なのは空席があるか。
終わる時間が0時を過ぎるからか、結構席が空いていた。

無事、チケットを購入。

しかし始まるまで、あと1時間くらいある。

時間潰しにコーヒーでも飲もうと、ルノアールへ。

熱いコーヒーを注文し、ホッと一息。

本でも読もうと手に取った時、隣の席の男2人の会話が聞こえて来た。

話を聞いてると一人の男の人は、30代後半くらい。
もう一方は、20代前半。

30代後半くらいの男が、20代前半に年収1千万くらいなら
簡単に稼げると言っていた。
株、ビットコインと違い、これなら確実性が高いし、何もしなくても
投資するだけでお金が入ってくるとのこと。
ただ、軌道に乗るまでが大変だから、数年間は我慢して欲しい。
そしたら、数年後、何もしなくても自動的に月20から30万くらい入るようになる。

そんな会話であった。

これは、詐欺なのか?はたまた、本当なのか?

こういう話って、本当に儲かるのだろうか。
生でこういう話を聞くと、どうもウソっぽい。

しかし、20代前半の彼は、そんな大金が入るなら1年くらい我慢しても良いすね。
なんて、前向きな返事をしてる。
さすが。

30代後半くらいの男は、言葉たくみに色んな視点から
彼に説明してる。

しかし、すごい言葉のスキルだな。

なんか、関心してしまった。

彼は、その後、本当においしい話に乗ってしまったのだろうか。
果たして、そのおいしい話は本当なのだろうか。

そんなことを思いながら、時間になったので、ルノアールを出た。

外は、さっきよりも冷え込んでいた。

僕は、急いで映画館へ。

そしてシティーハンターを観た。
そこまでシティーハンターについて詳しくはないが
そんな僕でも楽しく観れた。
しかも、BGM含め、最高だった。

映画館を出ると、さっきまでスクリーンで映ってた新宿の街が広がっていて
さらにテンション上がった。

そのまま、TM NETWORKを聴きながら、少し散歩。

夜0時を過ぎてるというのに、この新宿では
まだ沢山の人で溢れている。

僕はその人混みをGET WILDのBPMに合わせて
すり抜けていく。

少し歩くと、目の前に、さっきルノアールに居た2人の男が居た。

なぜか、ベロベロに酔って居て、肩を組み始めた。

あのあと、どこへ飲み行ったのだろう。
それにしても

はしゃぎすぎでは?

その光景を見て
さっきのおいしい話が
ウソでも本当でもどうでも良いと思った。

バカにされても君に褒められても

京都から大阪の一人旅、最終日。
天気は晴れ。

昨夜、遅くまで一人、難波の街でハシゴ酒をしていたからか、胃がキリキリした。
もしかしたら、シメのワカメうどんを大盛りにしたのがダメだったのかな。

泊まったのは、安いカプセルホテル。

朝一にシャワーを浴び、チェックアウト。

いい感じの庶民的な定食屋で、朝食。
焼き鮭定食を食べる。

隣の席は、新聞を真剣に読みながら、クチャクチャと音を立てながら
朝定食を食べてるサラリーマン。

立ち飲み屋のハシゴで絡まれた残像があったため、絡まれるのでは?と
少しビクビクしてた。

店を出て、少し散歩。

ラーメン屋の一蘭の前に、外国人観光客の列が。
先頭には、白旗を持っている人が居た。
一蘭の前で記念写真を撮る観光客。
おそらく、ツアーなのだろう。

しかし、本当に外国人観光客が多いなーと改めて思った。

少し歩くと、また10人くらいの外国人観光客の集団の姿が。

楽しそうに自撮り棒を持って写真撮影をしていた。

有名店なのかなーと思い

後ろの店の看板をみると「松屋」の文字が。

これには、まっすぐすぎてくるものがあった。

と同時に、僕もまっすぐに歌って行こうと思った。

こうして、旅は幕を閉じた。

どんな形であれ、続けていれば、生きていれば、歌っていれば、みんないれば
きっと、また旅が出来る。#そして2ndへ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日のヒキカタリーナ、ありがとうございました。

企画して頂いた山さん、タクミさん、出演者の皆さん、沢山のお客さん。
フォレスト、関わって頂いた方、全員に本当感謝です。
最高を超える最高のイベントでした。

また、出演させてもらえるように精進します。

次のライブもぜひ遊び来てください。

ほんものの感動をありがとうございました。

セットリスト

1、I need love I love friend
2、春風よ吹け
3、レモン
4、孫
5、ピースサイン

 

難波でハイボールを

翌朝、急遽、僕は京都から、大阪へ向かった。

3、40分程度で行ける。
せっかく京都まで来たので大阪でも路上(しんのらいぶ)をしたいと思った。

正直、京都から東京へ帰って家でゆっくり、コーラでも飲みながら
YouTubeでお笑いとかユーチューバーのヒカルの動画とか観て
はしゃいでいた方が良いかもしれない。

しかし、そんな普通なことはいつでも出来る。

だから、大阪へ向かった。

大阪駅についたのは夕方だった。
どこで路上ライブ出来るのだろう?

早速、駅近くを散策した。

御堂筋線口にちょうど、いい感じのところがあった。
僕は早速、背負ってたギター を取り出し歌った。

もちろん、今回もアンプなし生歌。

歌い始めてすぐ、アジア系の外国人観光客集団の方々が立ち止まり、
何曲か聴いてくれた。

この人盛りに何事かと、次々と人が集まって来てくれた。

その中で最後歌った「孫」という曲。すごく気持ち良く歌えた。

そして、僕は皆さんにお礼を言い、大阪の街を散策した。

夜は、難波のカプセルホテルに泊まる予定でいたため、難波へ。

着いた頃にはすでに辺りは真っ暗。そして寒い。

とりあえず、お腹が空いたため
タコ焼きを食べに商店街を歩いた。

すれ違う人、すれ違う人、外国人観光客ばかり。

そして、良さげなタコ焼き屋を発見し、一人頬張った。

一言、美味い。

せっかく来たので、飲みに行こうと良さげの立ち飲み屋を調べ
一人飲み始める。

1軒目では、ラジオから流れるあいみょんの歌と、店のおばちゃんとおじさんとの家庭の話をつまみにビールを飲んだ。

2軒目では、隣で飲んでた60歳くらいで作業着を来たおじさんに話しかけられた。
どうやら、難波で毎日飲んでるとのこと。

東京からきたことを伝えると。
若い頃は、東京に住んでいたと言っていた。

色々と過去の話を聞いてみると、
大宮というキーワードが沢山出ていたので
東京ではなく、埼玉の話では無いのか?と
内心思ったけど、何も言えなかった。

でも、楽しかったのは事実。
ハイボールで乾杯した思い出は忘れない。

いつもより、飲みほしたハイボールが濃く感じた。

—————————————————————

そして、明日2月22日(金)はライブがあります。
よろしくお願いします。

2019年2月22日(金)
会場:FORESTLIMIT
OPEN:19:30
START:20:00
¥2,000+1d

出演
川辺素(mitsume)
金子尚太(Teen Runnings,Young Agings)
Yosuke”YYOKKE”Tsuchida(WOOMAN)
たかぽう
渡辺将人(COMEBACK MY DAUGHTERS,Teen Runnings)
takutomi

DJ
Noel Kitayama

フライヤー
とんだ林蘭

 

京都でしんのらいぶ

翌日、日が暮れてきた頃、京都で路上(しんのらいぶ)を行なった。

ライブハウスの店長をはじめ、色んな人から
よく路上ライブをやっている場所を聞いていた。

どうやら鴨川沿いは多いらしい。

具体的な場所の候補も、紙に書いてくれた。
僕はそれを頼りに、歩いた。

河原町駅の橋の上が人通りも多く
一番オススメしてくれたけど
すでに演説を行ってる方と絵を描いてる方がいたため、ダメだった。

次に三条のローソンの角を曲がったところのベンチへ向かった。
近くでは鴨川が流れてる。ロケーション最高。

座っているカップルは居たものの歌ってる人は居なかった。

僕はチャンスと思い早速、路上(しんのらいぶ)をはじめた。

2曲目あたりから、立ち止まって聴いてくれている方も居て
背筋を伸ばして歌った。

平日の夕方だったからか、タイミングよく歌えた。

2、30分くらいは歌っただろうか。

しかし、人通りは少ない。
せっかく京都まで来たことだし、やはり人通りの多い河原町駅の橋の上で歌いたいと思いもう一度、向かった。

すると、奇跡的に前に居た方々が帰ったため、場所が空いて居た。

チャンス。早速、路上用のヤマハのギターを取り出し
路上(しんのらいぶ)を始めた。

アンプなしの生歌。
人通りはめちゃくちゃある。
届けなきゃ。負けないように、大きな声で歌った。
少し立ち止まって聴いてくれたり、チラチラと見られたり、素通りだったりと色んな反応がある。

あっ、この曲より、ピースサインの方が、振り返ってくれる率高いんだ。
とか、勉強になった。

なんだかんだ、1時間くらい歌ってただろうか。
喉が枯れて来たのと、さすがに寒くなって来たので
最後、大声でレモンを歌って終了。

10円をくれた方がいた。
世間は厳しい。
その中で、立ち止まって聴いてくれたりすると嬉しい。

帰り際、教えてもらった別の路上スポットには
弾き語りや、バンドで演奏してる方がいた。

この日、幾人かの路上ライブやってる人みたけど
皆んな、アンプ、マイクでデカい音で演奏していた。

結構、遠くの方まで響いていた。

生歌でやってるの僕だけだ。

アンプ、マイクの存在は大きいな。と改めて勉強になった。

路上終わりにコンビニで買った金麦の味が優しく慰めてくれた。

みよしで替え玉

京都に着いて初日。
昼、漫画喫茶から出た。
そして、遠回りに観光しながらJETSET京都へ。

ひらっちさん(マンガショック)が出張で来ていた。
挨拶して、店内を見渡すと自分のCDを発見。

嬉しいことに面出しで置いてあった。
ひらっちさんが出張で来た時にはすでに面出しで置いてあったとのこと。
最高に嬉しくて写真を撮った。

と同時に2ndのレコーディングを引き続き頑張らないとと背筋が伸びた。

本当にありがとうございます。

夜は、LIVE HOUSE 木屋町DEWEYへ。

こちらには約5年ぶりに来た。
マンガショックのレコ発の京都編以来。
店長さんが覚えてくれていて、あれ?タカボウじゃなかった?と。。。

この日はオープンマイクとのこと。
出演者の方が集まってきた。
他の出演者の方々と交代で歌っていくことになった。
出番は最後になった。
3曲(孫、ピースサイン、春風よ吹け)をまっすぐに歌った。

その後、出演者の方々と軽く打ち上げへ。
音楽の話そこそこに、人生論、美味いラーメン屋の話など色々話した。
すごくすごく素敵な時間であった。

2ndのレコ発ではLIVE HOUSE 木屋町DEWEYでやらせてもらいたい。
店長が待ってるねと言ってくれた。
あの表情が今でも忘れられない。

そして、皆さんに挨拶をして、一人ライブハウスを出た。

当たり前だけど、夜は寒い。
ビールではしゃいでしまった僕は、ラーメン屋のみよしへ。

これまた太るわーとか思いながら、まっすぐな気持ちで麺をすする。
美味い。最高。

あまりの美味さに替え玉もしてしまった。

僕は、京都へ来る度に、いつもこのラーメンを食べている。

ラーメンを食べながら、過去の思い出が蘇る。
本当に色んなことがあった。

最後に来たのはファーストアルバム「ピースサイン」のレコ発。
むしろ、また京都まで歌いに来ると思って無かった。

ラーメン屋を出て京都の夜の街を散歩した。
ギターと大きな荷物を背負いながら。
グーグルマップを使わずに思いのまま。

シャッフルモードのiPhoneから竹原ピストルが流れた。

音量を上げる。
キャッチの方の声も爆音で聴こえない。

少し歩くと肩と腰が限界にきていた。

バックの中に、サロンパスが入っていて良かった。